こんにちは。rinshanです。久しぶりのブログ更新となってしまい申し訳ないです。。。

今回はrin眼ではありません。まずは、次の写真を見てください。

IMG_0044

 

 

 

これは3日目のデイリーランキングの結果です。

5人!!!!!!!!れ!!!!!!!

 

 

はい・・・デイリーボード逃しました(涙)

この日の総獲得ポイントは1436500pt。今回の魔導杯はバーニング方式でとてつもないポイントインフレが起きていたため、100万以上積んでも全くボードに届かない状況でした。

さて、今回はデイリーボードを逃した感想(?)を・・・

というより、反省点や感じた事が多くあったので、自分へのメモがてら、今回の経緯などを書いていきたいと思います。

逃した魚は大きい・・・


使用デッキ・立ち回り

IMG_1626

 

3T抜けのデッキです。イーディスを持っていないのでロサ&ロレシャで代用。

使用端末はiPad Pro 9.4インチ

ラップタイムは入賞スキップ成功で約2分10秒、時速の理論値は180000pt/hです。

※入賞スキップ:トーナメント終了後、15人中の順位が表示されるまでの間に右上の「次へ」をタイミングよくタップすることで、結果表示エフェクトを飛ばすことができる技術。

 

雷推奨だしバーニングならミルドレッドでしょ!・・・と最初は思ってました・・・

初めは50%自傷×2からミルド多段カウンターをして4~5T抜けしていたのですが、ラギト入りで3Tデッキを見かけて閃きました。

ワンチャン水でもいけるんじゃね?くらいの軽い気持ちでゴリラカウンターを組んでみたところ・・・

ワンチャンどころじゃない(真顔)

 

結晶は次のように付けました。

正月ルーシュ   パネブⅢパネブⅡ
テスタメントA 攻撃300、HP300
テスタメントB パネブⅡ、HP300
テスタメントC 攻撃300、HP300
ロサ&ロレシャ  パネブⅢパネブⅢ

できるだけパネブを積み、連撃の偏りによってテスタメントが2体落ちないようにテスタメント全員にHPアップ、そしてミリ残しを防ぐために攻撃アップを2体につけました。

できることなら経験値アップ結晶を付けたかったのですが、走ってみると案外パネル事故が多く、パネブを優先させました。

 

立ち回りは2パターンかあり、ムニキスを右に打つのは共通ですが、

(A)中タゲ 左の割合をカウンター

(B)左タゲ 中の怒りAS封印をカウンター

(A)は中の連撃を1回少なくできるため、一番安定しました。ただし3問目に誤答すると中左が共に残ってリタイアコースになってました。

(B)はテスタメントが1体落ちた時に低乱数で中が残り、4T抜けになります。しかしリタイアの危険がないのでボードチャレンジの時は(B)の左タゲでやってました。

また、左を1回殴ってさえいれば、1~2問目に誤答しても、

左の割合を反射→中だけになるがバグで怒らない→アプリ再起動→怒り反射

とクリアできました。(反則気味ですが)

 

チャレンジの経緯

元々、今回は消費クリスタルがすごいことになると考えたのと、1日丸々予定を開けられなかったことから、デイリー特攻はしないつもりでした。

しかし、せっかく時速の出るデッキを組めているのだし、やってみたいな・・・と心が揺れていたのも事実でした。

そこで中途半端ではありますが、0時~4時の4時間は全力で走ってボードインを狙う、という1/6デイリー特攻をしていました。

IMG_0025

3日目は時速18万の理論値に近い時速で走ることができ、ボード1Pタッチはならなかったものの満足のいく4時間になりました。

(他のチームだとどうやらデイリー1Pに入れていたようでした)

 

この後、その日は起きてから予定があったので積むのをやめて寝ることにしました。

用事が済んで帰宅したのが17:30頃。順位を確認すると76位。

あれ・・・あんまり落ちてない・・・?

デイリー50位の方のポイントを確認すると107万。その差、37万pt

 

これはワンチャン追いつけるのでは・・・・???

今思えば、ここでの判断が甘かった。

元々デイリー特攻に心が揺れていた私は、まくって50位ボードインを狙うという暴挙に走ったわけです。。。

IMG_0029

18:30~ 追いつき開始時の順位

 

追いつけないと気づいたのは22:00頃。その時点で50位の人と30万pt離されており、

読みが甘かった事実を突き付けられました。

時すでに遅し。走り始めた以上止まることもできず、ダラダラと続けて・・・

結果55位という非常に後悔の残る結果となりました。

IMG_0040

 

 

反省ポイント


50位付近の時速を甘く読みすぎた

これが今回の最大のミスです。そう、元々追いつけるはずなんてなかったんです。

考えてみればアホらしいミスです。恥ずかしい・・・

今回私は、自分の順位が朝の4時から夕方の17:30までの間にあまり落ちていなかったことから、

50位付近の時速はそんなに出てないんじゃないのか、なんて甘い考えを頭のどこかで考えてしまっていました。

論理が破綻してます。

冷静に考えれば分かることなのに・・・魔道杯というお祭りイベントの熱に浮かされていたようです。。。

 

3日目終了後に、50位付近でボードインした方に話を聞けたのですが、

やはり50位付近であっても時速15~16万で積んでいたようです。

特に、最後の4時間は競争が激化していたようです。

よって、

50位のポイントにとらわれない。   競争の激化 → 時速の加速

 


周囲の「音」の利点・欠点

ポイントを積む時に、アニメをつけたり、あるいは音楽やツイキャスの配信を聞くなど、魔導杯以外のことを一緒に行う人は多いと思います。

これは適度な「雑音」があった方がリラックスでき、より脳が集中できる、ということに基づいています。

他によく聞くのは、ウィズのトーナメントのように単調な音の繰り返しだと眠くなる、という話ですね。

そこで、自分も何か他の音があった方がいいかなぁと考えて、ツイキャスを聞いたりしてました。

 

しかしこの「音」の効果。どうやら自分にはあまり合っていなかったようでした。

もちろん、内容がつまらなかったとか、そういうわけじゃ決してないんです。

むしろ面白くて困ったのです。

というのも、どうも自分は耳に入る音を考えながら、クイズに集中できないことに気づきました。

つまり、2つのことを同時に出来る人・出来ない人によって周囲の「音」の効果が変わってくるのです。

私は残念なことに後者なので、むしろ音は少ない方がクイズに集中できるのではと、今回気づけました。

思えば、3日目の0時~4時の1/6デイリー特攻の時はウィズの音楽だけで積んでました。自分には単調なくらいがちょうどよかったのです。。。

もちろん、眠い時には何か他の音に変えるなど、緩急は必要だと思います。

以上より、

自分に合った、集中できる「音環境」を見つける

 


入賞スキップの成功率

自分はiPad Proで走るのが今回初めてだったので入賞スキップがまだ下手で、成功率25%に満たないくらいでした。

これは直接今回のデイリーボードを逃す原因になったとは言えないものの、今後シビアな戦いをすることになった時に影響が出そうだと感じました。

入賞スキップは最初にデッキの立ち回りのところで書いたように、右上の「次へ」をタイミングよく押すことで入賞エフェクトを飛ばすことができるという技です。

これができるかできないかでラップタイムが5秒程度変わってきて、長い時間ポイントを積み続ける場合、明らかなロスとなります。

やり方をTwitterで見たり、ウィズッターさんに教わったりして、2パターンあることが分かりました。

連打することでタイミングを合わせる

タイミングを感覚でつかみ、一発で狙い打つ

しかし、②の感覚をつかむのを試したもののまっっっったくつかめなかったので、

当分の間は①の連打方式になりそうです(笑)

 

連打の時に大切なのが、連打スピードです。

ただしスキップできるタイミングは決まっているので、そのタイミングよりずいぶん前から本気で連打していると、しかるべき時に連打スピードが足らず失敗してしまいます。(経験談)

そこで、連打は最初は遅く、だんだんスピードを上げていくイメージで連打すると成功率しやすいように感じました。

しかしまだまだ成功率が悪いので、魔力が余った時にでもトーナメントをやって、

入賞スキップのタイミング練習をしてみようかな・・・と考えています。

つまり、

入賞スキップ成功=連打スピード 練習あるのみ!

 


 

以上が、デイリーボードチャレンジ失敗の経緯と、感じたことです。

今回の反省を生かし、次回こそ、デイリー特攻を成功させたいです!

(時間が取れるとは言ってない・・・)

 

それでは、また。

長文を読んで下さりありがとうございました!

 

(rinshan)


黒猫のウィズ シミュレーターはこちら→http://wiztools.net/

実装精霊希望やバグ対応はTwitterアカウントへのリプでも受け付けています。ぜひフォローしてください!→@wiz_tools