皆さんこんにちは。rinshanです。

ついに待望の潜在能力カスタマイズ機能、「潜在結晶」が登場しましたね!

まずはこの潜在結晶について、軽く説明しておきたいと思います。

 

<潜在結晶とは>

潜在結晶は強化合成することによって、精霊にいわゆる「装備」をすることができ、装備させた結晶の種類により様々な追加能力を得るというもの。また、装備させた結晶は精霊確認画面で取り外せる。パネルブーストやHPアップ、攻撃力アップ、特定のスキルの効果値を増やすものなどがあり、今後さらに種類が増えていくと考えられます。

<注意点>

潜在結晶のデメリットは潜在結晶を装備させると精霊のコストが増える、という点。強い結晶(効果値アップのものなど)ではコスト+30というものもあり、デッキに複数組み込むことが難しくなるように調整がされています。また、精霊一体につき装備できる結晶は2つまで

(03/17追記) 大魔術効果値アップの潜在結晶は2つ装備できないことが確認されました。強い結晶は1つまでしか装備できない、という制限があるようです。

 

この潜在結晶は既存の精霊の攻撃を大きく強化することができ、これをうまく使えばトーナメントでのクリアターン数短縮が可能になります。

そこで今回は、2900体達成の図鑑報酬で手に入れることのできる潜在結晶、“SPスキル「大魔術」の効果値を200アップ”をうまく使って、伍式7T突破を目指します。

IMG_9578

 

 

・カギとなる精霊=「大魔術」を持つ精霊

今回注目する潜在結晶、“SPスキル「大魔術」の効果値を200アップ”はその名の通り、大魔術を持つ精霊に装備させることでスキルの効果値を200上げるというもの。<大魔術>とは、「敵全体(単体)に~属性のダメージ」というスキルのこと。

つい最近既存の該当精霊についてスキルの振り分けがされ、スキル文章の前に<大魔術>というようにスキル名が書かれるようになりました。

 

[大魔術持ちの精霊例] : ユッカ、ツキミ&ミコト   など

※ただしユッカはSP2が<遅延大魔術>なので、”SPスキル「大魔術」の効果値を200アップ”の潜在結晶はSPスキル1のみ適用。

 

今回は大魔術持ちの精霊として、現在「約束の地ガチャ」から登場するアンジェリカ(火)に注目します。

IMG_9595IMG_9599

 

アンジェリカは火・光属性でスキル<大魔術>を持っており、しかもスキル反射も無視できる優れもの。

潜在結晶が登場する前だと効果値が低く少し物足りないスキルでしたが、結晶で強化されたことにより6Tで打てる効果値420の全体火・光攻撃に化け、超強力なスキルに生まれ変わりました。しかも結晶のスロットはもう一つ空いており、さらに威力を高められる可能性を秘めています。

大魔術スキルは特攻のスキルと異なり得意属性以外の敵にも大きなダメージを与えることができ、伍式においてはボス戦左の火の敵(HP90000)に大きなダメージを与えるのに有効となります。

潜在結晶により効果値を200上げた状態で、アンジェリカのSPスキル2を伍式ボス戦で使った際のダメージはこのようでした。

IMG_9575

少し見にくいですが、火のダメージのみで左の火の敵に26907ダメージ、キーラに対して44915ダメージ出しています。光のダメージも考えるとアンジェリカのみで左の敵に約50000越え、キーラに対し約75000ダメージ与えることになります。

このダメージは右の敵を倒すまではいかないため、キーラを属性変化させることなくダメージを稼げます。

さらにいいことに、アンジェリカは最後の覚醒が“SPスキル封印無効”であり、ボス戦1T目からスキルを使うことができ、これもボス戦1T抜けでの伍式7Tへのポイントになりえます。ASも倍率の高い特攻であり、道中でかなり有効です。

 

今回、潜在結晶を装備したアンジェリカを使って伍式7Tを出せたので、ここで紹介します。

 

伍式7T (2-1-1-2-1)

<使用デッキ>

3周年イザヴェリ、モストロ、約束の地アンジェリカ、クリキワム、ドルキマス元帥IMG_9570

IMG_9576

<立ち回り>

初戦:モストロのみ右、それ以外左。

2戦目:元帥SS(チェイン+)、タゲ無し

3戦目:タゲ無し

4戦目:モストロ、アンジェリカ右、それ以外中 2T目攻撃前にクリキワムSS

ボス戦:アンジェリカSS、モストロ中へSS、イザヴェリSS使用後ワンパン。

 

<ポイント>

・2戦目で元帥のチェイン+を打つとモストロが機能しなくなるがアンジェリカのASが出るため問題なし。アンジェリカとクリキワムの戦後回復によりHPが回復し、4戦目にはモストロが機能するようになる。

・ボス戦乱数で1抜けできなくなるのを防ぐため、イザヴェリに<攻撃力アップⅢ>(図巻3200体報酬)の潜在結晶を装備。

 

このように、潜在結晶を上手く使うことで安定入賞デッキを目指せる、ということが分かります。これまでトーナメントには使えないと思われている精霊も、潜在結晶次第で十分すぎるくらい強い精霊に生まれ変わる可能性を秘めているということですね。

夢が広がりますね~!

 


 

さて、ここまで潜在結晶の強さについて見てきました。これからは潜在結晶の時代になっていくことでしょう。

近いうちに<ファストスキル>の潜在結晶も来るのだろうか・・・否、来るでしょう(笑)

ファストスキルは複数積みできるとあまりにも強すぎてバランスブレイカーになると思われるので、個人的な見解としてはコスト+50と重くなる、もしくは特定スキルのみに適用されるファストスキル(例えば<大魔術の初回発動を1早める>)になるんじゃないかな、と睨んでいます。

それくらいしないとヤバい気がします(笑)

 

シミュレーターの方への潜在結晶の実装は、現在、随意開発中です。こんな機能がつくとまでは予想しておらず、少しばかり時間がかかりそうですが、次回魔道杯までには実装が間にあうよう全力で開発しますので、お待ちいただけると幸いです!

 

では、今回はここらへんで終わりにしたいと思います。駄文・長文、失礼しました!

 

(rinshan)

 


 

黒猫のウィズ シミュレーターはこちら→http://wiztools.net/

実装精霊希望やバグ対応はTwitterアカウントへのリプでも受け付けています。ぜひフォローしてください!→@wiz_tools