rinshanです。

精霊交替の不具合が修正されたアップデートがありましたので、精霊交替の潜在能力について追記したいと思います。

精霊交替を持つ精霊、ミラノの記事はこちら→http://blog.wiztools.net/archives/628

おおむね、上記のミラノの記事で書いた通りでしたが、精霊交替で呼んだ助っ人は通常モードで入ってくるようです。

簡単にまとめると、次のようになります。

(1)助っ人の精霊と交替できる。

(2)助っ人が「精霊交替」を持っている場合、どんなタイミングでも交替できる。

(3)自分のデッキに「精霊交替」持ちが2体(AとBとする)いれば、Aと助っ人を交替後、Bと控えAはいつでも交替できる。

(4)助っ人を選択できないトーナメントやレイドでは使えない。

 

さて、もう少し詳しい状況を見ていきましょう。

精霊交替は次のように、SPスキル使用画面にアイコンが表示され、使用できます。

IMG_0722

ただし、精霊交替で入ってくる精霊は初回発動までのファストスキルが有効ので、0Tでスキルが使える精霊は交替後すぐにスキルを使用できます。

IMG_0721

IMG_0723

IMG_0724

(上図:ミラノSS2使用後、チュレと精霊交替をしたもの。)

また、交替で呼んだ精霊が倒れると、元の交替前の精霊が戻ってきます。

IMG_0725

控えにいる間は正解してもSPスキルは貯まりません

ダメブロなど、有利効果の残りターン数は控えにいる間も減少しています。

IMG_0726

(上図:ミラノSS2(5T,800ダメブロ)を打った後、2ターン後に戻ってきたミラノ。スキル使用までの正解数は変化せず、ダメブロのみ残り3ターンに減少している。)

 

また、写真が用意できませんでしたが、

控えにいる間、弱体化や毒などの不利効果もターン数が減少します。

不利効果について他に分かっていることは次のことです。

 

・SP封印、完全封印中でも精霊交替ができる。

控えにいる間、毒のダメージは受けない(残りターンは減少)

死の秒針が控えの間に切れても、死なない。(味方が死の秒針で死ぬと、生きている控えの精霊が帰ってくる。)

 

つまり、封印を受けた後アーサーを呼び、1問正解すると状態回復により封印を解くことができます。また、毒を受けた時や死の秒針が切れる直前に控えに引っ込めることで、毒や死の秒針をやり過ごすことができます。

いったん場から離れて敵からの効果をかわし、また戻ってくる。

まるで亜空間物質転送装置ですね。

 

精霊交替を使用して交替後の精霊を連れてクリアをしても、ノーデスのサブクエは達成されます。

IMG_0733

IMG_0735

そのため、登場当時のリュコスの月墜級いう新クオンのように、ある特定の精霊が必須のクエストで役に立ちます。

助っ人にその必須精霊を選び、クエスト開始直後に「精霊交替」を持つ自分の精霊と入れ替わる事で、あたかも自分のデッキの精霊のように使うことができるのです。

 


 

以上のことから言えるのは、「精霊交替」は非常に有用で強い潜在能力だということです。

(あたりまえ体操ですね・・・すみません。)

しかもミラノは3Tでダメージブロックを貼ってから入れ替わることができ、強力です。

クエスト攻略に関してのみ言うと、今後は精霊交替を持つ精霊さえ引けてしまえば、自分が他の精霊を持っていなくても、助っ人から文字通り「借り」れば問題ないのです。

また、他に「精霊交替」を持つ精霊が増えれば増えるほど使い勝手がよくなるので、ミラノは今後長く使っていける精霊ではないかなと思います。

 

さて、今回の「精霊交替」に関するまとめはここまでにします。

Gamewith等で既出のネタだったかもしれないですが、皆様の参考になれば幸いです。

(rinshan)

 


 

黒猫のウィズ シミュレーターはこちら→http://wiztools.net/

実装精霊希望やバグ対応はTwitterアカウントへのリプでも受け付けています。ぜひフォローしてください!→@wiz_tools